大きく2種類あります

パーテーション

オフィスレイアウトを作るためには、パーテーションの設置は欠かせません。オフィス空間を分ける際に必要ですが、ワークスタイルの変化によってオフィスの見える化が進んでいます。そのため、最近はガラス張りの素材に注目が集まっています。ところで、パーテーションには大きく2つの種類があります。1つは高さが天井までない低い間仕切りであるローパーテーション、もう1つは床から天井まで高さのある間仕切りのハイパーテーションです。前者は比較的簡単に組み立てられることができ、さらにデザインやサイズも選べるようになっています。一方後者は、専門業者による取り付け工事が必要ですが、その分デザイン性を高めることができます。

まずは素材を知ろう

パーテーション

オフィス内でパーテーションを設置するときには、まず目的やデザイン性などを考慮する必要があります。このような準備をしっかりすることで、最適なオフィスレイアウトが完成します。特にパーテーションの素材は重要なポイントです。例えば、会議室などで音漏れを防ぐためには遮音性の高い素材を選ぶ必要があります。高い遮音性がある素材として、スチールパーティションが挙げられます。これは遮音性の高さだけではなく、スチールと石膏ボードを使用していることから不燃材として認定されています。そのため、安全性の高さにも定評があります。また開放感のあるオフィスを作りたいならば、ガラス製のパーテーションが最適です。ガラス素材は開放感を与えると同時に、オフィスを広く見せる効果もあります。さらに安価なアルミパーティションは、コストを抑えたい場合に有効です。

専門業者に依頼する際の流れ

パーテーション

床から天井までを間仕切りで区切りたいときは、ハイパーテーションの設置が必要です。しかし、ハイパーテーションの設置には技術が必要なので、専門業者に依頼して取り付けてもらうことが望ましいです。現在はハイパーテーションや間仕切りを専門に工事する業者が数多く存在し、電話やメールなどで相談を受け付けています。もし施工について相談するならば、資料や図面などをFAXやメールで送信しておくと、比較的スムーズに工事を進めることができます。そして相談内容や図面等を確認してから、専門業者から担当者へのヒアリングが実施されます。ヒアリングを行った後に、現地調査が必要となります。何故なら、専門家でないと気付かない問題点などが洗い出されるからです。そしてヒアリングや現地調査の結果を受けて、工事の見積もりが出されます。見積もりの内容に納得できれば、契約となり工事がスタートします。工事を行う際に管轄する消防署へ書類の提出が必要となります。この事務作業に関しては、業者が代行してくるケースがあるので、あらかじめ確認しておくと良いです。

広告募集中